初診の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら

内科・循環器内科・腎臓内科
むらかわ内科

〒570-0012
守口市大久保町5丁目689
エクセレントコート103
TEL 06-6995-4749
FAX 06-6995-4849

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠中に気道の閉塞などが原因で何回も呼吸が止まり、ぐっすりと眠ることができない病気です。
潜在的に200~300万人の患者様がいると言われています。放っておくと高血圧や不整脈、そして心臓循環障害、脳循環障害などに陥るといわれております。

また日中の眠気などのために仕事の支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど、社会生活に重大な悪影響を引き起こします。


睡眠時無呼吸症候群の症状は?

睡眠時無呼吸症候群の特徴的な症状として次のようなものがあります。

 ・大きなイビキをかく

 ・昼間の眠気あるいはだるさがある

 ・居眠り運転をよく起こしそうになる

 ・夜中に何度も目が覚める

 ・起床時に頭痛やだるさがある

 ・睡眠中に呼吸がとまっていると指摘されたことがある

このような症状のある人は、睡眠時無呼吸があるかも知れないので注意が必要です。

どのような検査をするの?

まずはご自宅で寝る前にセンサーを取り付けて寝るだけの簡単な検査を行います。
検査結果でより詳しい検査が必要かどうか、または早期の治療が必要かがわかります。

当院では睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を行っております。上記の内容に当てはまると感じた方、心配されるご家族の方はお気軽にご相談ください。